上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





リプレ・グリフォンの森に生息する巨大な鳥。


ステータス

グリフォン  Lv105
MaxHP 3,700,000  MaxMP 1,500
EXP 16,875 (サクチケ有りで33,750)
KBダメージ 5,000
弱点 毒 耐性 雷  氷結・猛毒にはなりません
必中命中率 143 (105Lv以上)
ドロップ
・各種防具の10%or60%書
・100Lv武器の一部
・[マスタリーブック]ホーリーチャージ20
・[マスタリーブック]チェインライトニング20
詳しくはメイプルの雫を参照してください



攻撃パターン

・接触
平均で2,500程度のダメージ。 防御力に依存するため物理防御155の魔法使いでは平均2,200~2,300程度。
また戦士のパワーガード、聖魔のガードで軽減可能です。
ただし、PGでは40%はカットできず、20%程度しかカットできません。


・気絶攻撃
gri_02.png

前方広範囲に平均3,500程度の攻撃をします。
そしてあたると一定確率で気絶します。
スピードは結構速めでですがなんとか回避可能です。
マップに一緒に沸いているバーンかノーマルケンタウロス、もしくはグリフォン本体に突っ込んで無敵状態を作って回避します。
この攻撃はそれほど怖くはありませんが、この後に次のスキル解除を使われると斬り賊と魔にとっては絶体絶命に陥ります。


・スキル解除
gri_03.png

これも前方に3,400程度の攻撃をします。
そしてこれにあたるとほとんどの確率でスキルが解除されます。
速攻の攻撃なので回避不能に近いです。 一応無敵中は回避可能。


・炎の渦
gri_01.png

前方に範囲攻撃。 レッドドラゴンの火炎放射より範囲広い気がします
攻撃に当たると防御力に関係なくHPとMPが1になります
メルガード使用時はHPが半分になります。
またレッドドラゴンと違い、速度が目茶苦茶速いので回避は不能に近いです。



戦い方

KBダメージは5,000と低めなので押せるなら端に寄せたほうが簡単です。
しかしレッドドラゴンより寄せにくい気がするのは私だけでしょうか・・・?

魔法使いのマジックコンポジション(氷魔ならアイスストライクのほうがいいです)、戦士ならそれぞれのメイン攻撃で寄せれると思います。
投げは火力によりますし斬りは寄せるのは難しいと思います。
アローブロー型の弓使いなら寄せれますがそれ以外は火力によりますね。
後、戦士のラッシュ、弓のドラゴンパルスで100%KB可能です。

そして戦士は密着して攻撃、気絶攻撃は接触で避けましょう。

魔法使いはマップに沸いているケンタウロスを利用して接触しながら無敵を作って攻撃する方法もあります。

gri_04.png

もしくは遠距離の槍投げを利用してもいいでしょう

斬り賊は本体に接触しながら攻撃するほうがいいかなと思います。
とにかくメルガをきられないことを優先しましょう。

弓はパペットをうまく使う必要があるのかな・・・
やってないのでわかりませんが;;

投げはソロでは相当Lvないと無理です。 即死します。
HBがある、もしくはHPが高いなら何も気にせずに攻撃しましょう(笑)


そして使う薬ですが、戦士は炎の渦もあるのでHP回復薬はどろ~りチーズ以上の回復力を持つもののほうがいいです。

魔法使いは塩ラーメンとカキ氷、そして(パワー)エリクサーを念のため持っておくことが望ましいです。 炎の渦を食らった場合エリクサーとマジックガードを即行で。

斬りはHP1000以上回復できる薬で挑むのがいいでしょう。

ほかの職はいつもどおりの薬でいいでしょう。


とはいえ氷魔と戦士以外は想像に近いですし、氷魔にはつらすぎる狩場であります(笑)
スポンサーサイト





 注意事項
コメントの記述にhtmlタグは使用できません。
後、中傷コメントはもちろん、場違いなコメントもしないようにお願いします。
また、httpは広告コメント防止のため禁止ワードになっています。 URLを載せたい場合はhttp以降をのせるなど工夫してください。

それと、上の"この記事のコメント"とかかれた部分をクリックするとコメントフォームに飛べます。
コメントが大量でスクロールが面倒な場合などにご利用ください。





コメント非公開の場合はチェック





copyright © 2006-2008 かぜのこもりうた all rights reserved.
powered by FC2ブログ Material by web material * Essence
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。